血管年齢改善

古代エジプトでも愛用されたプロポリス

プロポリスの魅力の一つに抗菌、殺菌効果があることです。
ですからミツバチはこのプロポリスを利用して巣の中を非常に清潔に保ち、細菌が発生しないように防ぎます。
具体的にどの様に利用するかというと、外敵が巣に入り込んだ時に、一斉に攻撃します。

そして針で倒すわけですが、相手が大きかったりすると、巣の外に運び出すのが簡単ではありません。
そこで、ミツバチはこのプロポリスを用います。
プロポリスで死骸を綺麗に覆います。

そうするとことで細菌が広がらずに、巣の中を清潔に保つ事ができるのです。
そしてプロポリスに包まれた死骸はミイラ化します。
その後外に捨てられるというわけです。

この言葉でピンときた人もいるかもしれませんが、古代エジプトで人をミイラ化させるために、このプロポリスが利用されていたのです。
それだけではありません。
怪我の際は、抗菌、除菌するために頻繁に用いられていたようですし、病気にも体を強くするために摂取されていたようです。

プロポリスは今になって効果が知られたわけではありません。
文明が盛んだった古代エジプトでも愛用されていたのです。
こう考えると昔から人のために大きな役割を果たしてくれていたことが分かります。
また、プロポリスとはちみつの関係についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ