血管年齢改善

日本でのプロポリスの歴史

世界的には有名なプロポリスはかなり古い歴史をもっています。
なぜならミツバチが存在していたということはプロポリスはその時にはもうすでに存在していた事になるからです。
実際に、エジプトでミイラを作る際にそのプロポリスが防腐剤として利用されていたと言われる程です。

また中国の古い本の中にも、プロポリスという名前こそ出てきませんが、その働きについて触れられています。
では、日本ではいつぐらいから認知させるようになってきたのでしょうか。
1970年代、ミツバチの研究が深く行われるようになりました。

そしてプロポリスを一躍有名にしたのは1985年の名古屋で開催された国際養蜂会議です。
この時の講演がプロポリスに言及しました。
それからプロポリス協議会が設置されて、研究などが重ねられました。

その結果、免疫力の向上に効果的であることや、がんの予防にも効果的であることが認知されるようになったのです。
ここから一気に日の目を見るようになりました。
そして今では様々な形で私たちの前に商品として並ぶようになったのです。
今では味の問題も解決されサプリメントという形で摂取することもできます。
ですから日本で認知されたのは比較的最近のことであるということができます。

↓プロポリスとローヤルゼリーの違い
   

このページの先頭へ