血管年齢改善

プロポリスの採取方法を知ろう

プロポリスはミツバチが作るものであることはよく知っています。
では、どの様に採取されているのでしょうか。
プロポリスはそもそもミツバチが自分たちの巣を守るために作るものです。

作り方はまず樹液を食べます。
それを巣に持ち帰り、唾液と一緒に混ぜます。
それを巣の破れたところや、敵が侵入してきそうなところに設置するのです。

これにより、巣を修復できますし、更には外敵の侵入も防ぐことができます。
それだけではありません。
もし外敵が自分の巣の中で死んだなら防腐剤として、その死骸をプロポリスで覆います。

そうすることで変な病原菌の繁殖を防ぐことができるのです。
つまり、敵をミイラ化させます。
これで菌が広がるのをとどめます。

これがプロポリスの抗菌作用となるわけですが、一つわかったことは外敵に反応するということと、異物の侵入に備えてであるということです。
これが採取方法の鍵となります。
小さな金網みたいなものにミツバチが嫌がる匂いのするものを吹きかけて、準備しておいた巣箱の上に設置すると、これを覆うようにミツバチがプロポリスを大量に分泌させます。
それが終わったら、その金網を取れば、そこにたくさんプロポリスが付いているというわけです。
ミツバチの本能を逆手に取った方法で採取されています。

このページの先頭へ